スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月29日のトレード結果

FXのトレード日記

【9月29日のトレード結果】

NAOトレードを参考に自分流のトレードスタイルを見つけることにした。
この日はスプレッドが小さいドル/円で取引。
少しずつ勝てるようになることを目標とした。
それと損切りをできるようになる!!

37630円→38560円 (+930円)
スポンサーサイト

theme : 初心者のデイトレード
genre : 株式・投資・マネー

9月25日のトレード結果

FXのトレード日記

【9月25日のトレード結果】

NAOトレードにヒットがこなく、この日も初日に続いて勝手にエントリー。
時間がないサラリーマンにはNAOトレードはむいていないのか!?
初心者にはポンド/円は不向きかもしれない。
値動きは激しいし、スプレッドは大きいし、もしかして玄人向けなのか!?
と思ってしまうほどであった...

41430円→37630円 (-3800円)

theme : 初心者のデイトレード
genre : 株式・投資・マネー

9月24日のトレード結果

FXのトレード日記

【9月24日のトレード結果】

資金5万円でNAOトレード開始!
NAOトレードの初日だったが、待ちきれなく勝手にエントリーしてしまった。
トレンドがないときにエントリー、いきなりポジポジ病にかかってしまう。
レンジのときはしっかり様子をみなければ...

50000円→41430円 (-8570円)

theme : FXデイトレード
genre : 株式・投資・マネー

為替ブログランキング

為替ブログランキングに参加しました。
応援宜しくお願いします。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログへ

FXA証券で口座開設

FXのトレード日記

【FXA証券で口座開設】
より充実したトレードをするために、優れたチャート・トレード機能を持つCT(Chart Trader)が使えるFXA証券で口座を開設をすることに!

そして、巷で噂にもなっている南緒トレードを実践してみます!!
色々なトレードスタイルがありますが、利益を大きくだすにはやはりデイトレが適しているようです。
また、○○式トレード等、色々な型がありますが、同じ型でもトレードする人によって損益はバラバラのようです。なので、できるだけ忠実に再現してみようと思います。

>FXの家ブログ

FXの代表的な通貨ペア

FXの基本

【FXの代表的な通貨ペア】

FX業者の中には100種類を超える通貨ペアを取引できるところもありますが、まずは、代表的な通貨ペアをおさえておきましょう。
また、各国の通貨は一般的にアルファベット3文字で表記されることが多いので合わせて覚えておきましょう!(下図参照)

通貨略称

通貨ペアは上図のアルファベットで表記されたものが組み合わさっただけです。以下の図は、ほぼどこのFX業者でも取引している代表的な通貨ペアです。

通貨ペア

>FXの家ブログ

FX取引でよく使う注文の種類

FXの基本

【FX取引でよく使う注文の種類】
OCO注文
2つの注文を同時に出すことができ、一方の注文が成立したら、もう一方の注文を自動的にキャンセルしてくれる注文方法です。

IFD注文
新規の指値注文と同時に決済の注文を設定し、もし、指値注文が成立したら、決済の注文を自動的に設定してくれる注文方法です。

IFO注文
IFD注文とOCO注文を組み合わせた注文方法です。
新規の指値注文と同時に2つの決済の注文を設定(利益確定と損失限定)し、もし、指値注文が成立したら、2つの決済注文を自動的に設定し、一方の決済注文が成立したら、もう一方の決済注文を自動的にキャンセルしてくれる注文です。


>FXの家ブログ

ブログランキング

ブログランキングに参加しました。
ランキングぜひ見てください!
↓↓↓



>FXの家ブログ

ボリンジャーバンド

FXのテクニカル分析

ボリンジャーバンド

表示された線の内側にレートが存在する確率をグラフ化したもの。

使用している人が多く、順張り、逆張りの両方で使用することが可能。

一般的に+2σ、+1σ、移動平均線、-1σ、-2σの5本のラインが表示される。

移動平均線は20日平均線がよく使用され、+1σ~-1σにレートが存在する確率は68.3%、+2σ~-2σにレートが存在する確率は95.5%となっている。


>FXの家ブログ

FXの取引業者を選ぶポイント

FXの基本

【FXの取引業者を選ぶポイント】

FXの取引業者っていっぱいあるけど、どこを選べばいいのか!?
FX取引業者を選ぶポイントは!?

・取引手数料が無料! 
 今はFX業界では取引手数料が無料なのは当たり前。手数料がかかる業者はやめましょう。
・取引通貨が多い!
 あまり、マイナーな通貨に手をだすのはリスクをともないますが、取引通貨が少ないよりは多いほうがよいでしょう。
・スワップポイントが良い!
 スワップポイントでこつこつ金利を得るトレードスタイルであればスワップポイントが高いFX業者を選 ぶと良いですが、デイトレードスタイルであればスワップポイントはさほど気にする必要はないでしょ う。
・スプレッドが小さい!
 FX取引では買値と売値がありますが、この差がスプレッドで取引の際のコストとなるので小さくてすむのにこしたことはありません。ドル/円で2~3銭が妥当なところです。
・スリップしにくい!
 注文したときに注文した値段と少し異なることがあります。これをスリップとかスリッページといいますが、スリップしにくい安定したシステムを持った業者を選びましょう。
・取引ツールの使いやすさ
 取引ツールの使いやすさ、デザインは好みが強いので、FXデモトレードで取引ツールを体験してみましょう。
・証拠金の必要金額
 取引に必要な資金はできるだけ少ないほうがいいですね。ドル/円で1万通貨あたり1万円が妥当なラインのようです。
・レバレッジが何倍までOKか
 レバレッジはFX業者によって様々で、10倍~400倍まであります。少ない資金で多額の取引をしたという人はレバレッジが高い業者を選ぶとよいでしょう。そのかわりリスクも伴うので注意。100倍あれば十分だと思います。。
・注文の種類
 どのFX業者も注文の種類は大体同じになっていますが、特徴ある注文方法がいくつかあるようです。気になるFX業者があったら、どんな注文方法があるか確認してみましょう。
・サーバの安定性
 取引が集中する経済指標発表直後などの注文をおこなうときに、注文が通りにくかったり、サーバがダウンしてしまうことも少なくないようです。なのでシステムが安定している業者を選びましょう。
・安全性、信託保全制度
 もし、自分が取引しているFX業者が倒産してしまったら、自分が口座に預けた資金はどうなるの!?って思いますがご安心ください。信託保全制度といって、FX業者が倒産しても資金がちゃんと戻ってくるようなシステムになっています。FX業者を選ぶときは必ず、信託保全制度があるかチェックして下さい。


>FXの家ブログ

FXを始めよう!!

FXの基本

【FXを始めよう!!】

これからFXを始めたいけどまず何をすればいいの?という方に、FXを始めるまでの
一般的な流れを説明します。

①FX取引業者を選ぶ
      ↓
②オンライン口座申し込みをおこなう
      ↓
③オンラインで申し込み登録が終わったら、FX取引業者に本人確認書類(免許証のコピー等)を送付する
      ↓
④FX取引業者からログインID、パスワードが届く
      ↓
⑤FX取引業者の口座に取引のための入金をおこなう
      ↓
⑥入金が確認できたらFXの取引開始。すぐにログインしてFXに挑戦してみよう。


>FXの家ブログ

マージンコールとロスカット

FXの基本

【マージンコールとロスカット】

FXにはマージンコールとロスカットというシステムがあります。
この2つの用語はFXならではの専門用語で、FXの基本となりますので意味をしっかり覚えておきましょう!

・マージンコール:FX取引中のとき、取引金額と口座の評価金額(残高)が一定の割合を下回ったとき(例、50%以下)にメール等で通知がくるようなシステムです。(業者おによってマージンコールのシステムがないところもあります)

・ロスカット:こちらは、取引金額と口座の評価金額(残高)が一定の割合を下回ったとき(例、20%以下)、強制的に取引が決済されるというシステムです。強制決済とも呼ばれます。
このロスカットは、為替の急激な変動や損失が起こっても一定金額の資金が残るような安全装置として働きます。為替の急激な変動で口座の資金がマイナスになることを防ぐためです。


>FXの家ブログ

FXの主要取引時間

FXの基本

【FXの主要取引時間】

FX取引の各国の主要取引時間は下表↓↓を見てください。
主要な国ほんの一部ですが、これでFXは24時間眠らないという意味が分かりましたね!

この中でも特に取引が活発に行われるのがロンドンとニューヨークの市場が開いているときです。
このときには、FXの為替相場を大きく変動させる経済指標や要人発言があるので、チェックしましょう。

FX 各国の取引時間


>FXの家ブログ

FXの為替市場

FXの基本

【FXの為替市場】

FXの世界の為替市場は、時差の関係でまずオセアニア市場のニュージーランドのウェリントンから始まり、オーストラリアのシドニー、アジア市場では東京、香港、シンガポール、欧州市場ではフランクフルト、パリ、ロンドンと次々と市場が開き北米市場のトロント、ニューヨークが最後に開きます。ニューヨーク市場が終わることによってその日の外国為替市場が終わりとなります。

世界各国の主要都市にある為替市場はグローバルに見ると24時間何処かの市場が開いており、ニューヨーク市場が終わるのと重なるようにしてニュージーランドのウェリントン市場が始まっているので、FXの為替市場は24時間眠らない市場といえます。

FXでは取引が集中する、三大主要取引時間があります。
 1.東京市場
 2.ロンドン市場
 3.ニューヨーク市場

この三国の取引時間が特に取引が多いと言われ、また、FXの主要通貨にもなっています。

各国の主要取引時間を見たい人はココ→FXの主要取引時間


>FXの家ブログ

FXはここがおいしい!!

FXの基本

【FXはここがおいしい!】

外貨貯金は金利を待つ。株も購入した株価があがるのを待つ。
どちらも一方通行ですね・・・

しかし、FXはここが違います!
↓↓↓↓↓
円高でも円安でもどちらの局面でも稼げる!
FXの取引は、買いからでも売りからでも入れる!

常に変動している為替相場でも安心です。


>FXの家ブログ

スワップポイントとは?

FXの基本

【スワップポイントとは?】

FXではスワップポイントというものがあります。
取引した通貨を保有しているだけで、毎日金利が付くというものです。
FXでは取引した通貨の各国の金利差がスワップポイントになります。
イメージが湧きにくいと思いますので具体的な例をあげてみましょう。
<具体例>

日本の金利 : 0.25%
アメリカの金利 : 5.25%
アメリカと日本の金利差 : 5.00%
この5%分がスワップポイントとして毎日加算されます。
ドル/円を10万通貨買ったとしたら、保有しているだけで毎日1500円くらいもらえるという感じです。
1ヶ月保有した場合1500円×30日=45000円となります!
これだけでも結構な利益になりますね。しかし、注意しておかなければならないのがドル/円を売ったときです。このときはマイナスのスワップポイントになってしまうので気をつけましょう。
スワップポイントはFX取引業者によってことなりますが、大体同じです。

スワップポイントでコツコツ稼ぐのもFXの特徴の一つです。


>FXの家ブログ
検索フォーム
ブログ紹介

クランベリー☆

Author:クランベリー☆
FXの家ブログへようこそ!
FXの家ブログではFXの基本からFXで勝つためにはどうすればよいのか!?色々な情報を提供していきたいと思います。
FXに関する新しい情報とどんどんUPしていきます!!

RSSリンクの表示
相互リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。