スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マージンコールとロスカット

FXの基本

【マージンコールとロスカット】

FXにはマージンコールとロスカットというシステムがあります。
この2つの用語はFXならではの専門用語で、FXの基本となりますので意味をしっかり覚えておきましょう!

・マージンコール:FX取引中のとき、取引金額と口座の評価金額(残高)が一定の割合を下回ったとき(例、50%以下)にメール等で通知がくるようなシステムです。(業者おによってマージンコールのシステムがないところもあります)

・ロスカット:こちらは、取引金額と口座の評価金額(残高)が一定の割合を下回ったとき(例、20%以下)、強制的に取引が決済されるというシステムです。強制決済とも呼ばれます。
このロスカットは、為替の急激な変動や損失が起こっても一定金額の資金が残るような安全装置として働きます。為替の急激な変動で口座の資金がマイナスになることを防ぐためです。


>FXの家ブログ
スポンサーサイト

comment

Secret

検索フォーム
ブログ紹介

クランベリー☆

Author:クランベリー☆
FXの家ブログへようこそ!
FXの家ブログではFXの基本からFXで勝つためにはどうすればよいのか!?色々な情報を提供していきたいと思います。
FXに関する新しい情報とどんどんUPしていきます!!

RSSリンクの表示
相互リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。